Facebook

Twitter

Instagram

ねぎびとブログ

永遠の挑戦

農業に100点などない。
微生物学の先生は言う、この世界はまだ0.3%も明らかになっていないと。
一生懸命が通用しないこの世界。
だから心通わぬ物に心通わせ、知識と経験から来る事に自分の信念を持ち創り続けなければならない。
何が正解で何が不正解なのか誰もわからないのだから。
その上で正解を創れないという感情が
自由を得られる。
勝てない農業こそ、負けを認めた美学になれる。
だからこそ、悔いを残せる。
悔いを残す人生で無ければ正解には近づけない。
悔いとは永遠の挑戦の証なのだ。
今回は新作のユニホームを作りました。
同じ物を着て、同じ気持ちで今後も自然と向き合って行きたい。
子供達の夢になれるまで!!!!
初代葱師

更新日:2018年12月28日