Facebook

Twitter

Instagram

ねぎびとブログ

100歳

そうなりたくない人生がわかっている。
だから、なりたい人生が見えてる自分がいる。
使いきれないお金を手にしたとしても、お金があるからしなくていいや。
お金があるから挑戦しなくていいや。
お金があるからこれ以上やらなくていいや。
こういう人生だけは送りたくない。
お金を手にした時までの努力や苦労が台無しだ。
こうなる位ならずっと貧乏でも夢追いかけている方がよっぽどマシだ。
お金を手にした時に誇れるものってのは
お金じゃないんだよ。
誇るのは、お金を手にするまでの努力や
苦労と仲間達の姿なんだよ!!
それを勘違いしちゃいけない。
誇れるものを勘違いして、お金を威張るようになったら俺達はおしまいだ。
そうなりたくないから死ぬまで挑戦し続けたい。
80歳なっても畑出てさ。
あーでもない、こーでもないってさ。
人は美味しさを味覚だけで判断してない。
味覚も視覚も聴覚も感覚も全部使って、初めて美味しいって思える。
だから、僕は色に拘るんだ。
美味しいものは、美味しそうなんだ。
畑にあるだけで、食べたいってなる色を目指してる。
その先がまだある。
嫌々作ったねぎ食べたいですか?
畑いくにも嫌そう。
こんなことしたくないって言いながら作ったネギ。
こういうのを、美味しくないっていうんです。
だから、味だけじゃない。
ネギが大好きで、ワクワクして畑に行ってさ、みんなで愉しく本気で作ったネギをみんな食べたいんですよ。
こういうのを本当の美味しいって言うんですよ。
まだまだ先はある。
人って気温が何度の時が一番葱を美味しく感じるんだろう。
人ってどういう空の色の時が一番葱を美味しく感じるんだろう。
葱ってどういう掘り方、剥き方、どういう刃で切ると長持ちするんだろう。
葱に含まれる水分量がどれくらいになると一番美味しいんだろうとかね。
美味しいを追求すると100年経っちゃうよ。
僕は市場で判断される良い形の葱を作るために夜も寝ないでやってるんじゃない。
全ては美味しい葱を作るためにやってるんだ。
宝クジで1億円当たるよりも自分の理想の葱が出来た方が嬉しい。
僕は最高の葱が出来た時以上の感動をしらない。
そして、最高のまだ先があることを知っているからずっと創り続けるんだ
初代葱師
#この葉こそ求める色

更新日:2018年09月22日