Facebook

Twitter

Instagram

ねぎびとブログ

俺の6年間

今年プロ7年目を迎え7年間で一番葱を研究し、一番追求してわかったこと。
〝俺は6年間なにやってたんだ〟
全力で走ってきたつもりだったが全くダメだ。話にならない。
全く足りていない。
何が足りていなかったのか。
〝追求の仕方を追求すること〟
オリンピック選手どうやってるよ。
自分の走りや泳ぎなど動画でとって細かな体の動きチェックして徹底して分析して癖みつけてやってるわけ。
それ農業で全然出来ていなかった。
だから今、大改革。
定植も管理機も皮むきも草取りも。
草取りだってこの草はこの角度でこの大きさまで取る。取り方はこれが一番速い。
管理機だって動画撮影し、刃の向き、大きさで土はこうなっている。
スローで確認すると体の使い方の癖までわかる。
もっと体の使い方、トレーニングの仕方、暑さ防止などプロフェッショナルとしてやるべきだ。
なぜ、そこまで追求していくのか。
そこを突き詰めていくと
〝仕事〟
という事に対してどうあるべきかに必ずぶつかる。
仕事ってものをとことん深く潜り考えると
仕事ってさ、愉しいものなんだ。
仕事ってさ、時間忘れるものなんだ。
仕事ってさ、人生を懸けるものなんだ。
その先にあるのが
〝早く会社に行きたい〟なんだよ。
これが僕が思う仕事の答えだ。
とてもシンプルだけどこれが本質であり
本来、仕事のあるべき姿なんだよ。
この会社がどうなりたいとか。
この会社はこうなりますとか。
そんな事じゃないんだよ。
大切なのはもっと根本なんだよ。
会社の感情じゃなくて個人の感情なんだよ!
スポーツ選手でいうと、
早く走りたい!とか、早く泳ぎたい!とか早く投げたいとか。
音楽でいうと早く歌いたい!とか。
料理でいうと早く料理作りたいとか。
このワクワクが根本なんだよ。
みんなこのワクワクがあるはずだ!
ここの会社休み多いからここに勤めよう。
ここの会社仕事嫌だけど給料いいから
勤めよう。
これも凄くいい。
だけど、根本は仕事に対してもっともっとワクワクしていいじゃないか!
あの仕事したい!
あの機械使いこなしたい!
本気でこう思っている時ってさ給料とか休みとか考えていないんだよ。
〝追求〟を極めると必ず〝興味〟が現れる。
この興味の先に真剣な顔やチームワークや成功や色んなものがあると思う。
その根本となるものを7年目にして初めて見つけたんだ。
答えは相当深い所にあった。
伝説の魚がいたとすれば浅い所になんて
いやしないよ。
深い、誰も気づかない所にそっと隠れているよ。
だから、一つのことに対して深く潜って考える必要がある。
もっと追求、研究し葱のプロフェッショナルを超えるスーパープロフェッショナル集団に成長していきます!
初代葱師

更新日:2018年05月24日