Facebook

Twitter

Instagram

ねぎびとブログ

熱い

自分の胸が熱い。
畑を周ると抑えきれないくらいに熱い。
自分の頭と自分の心と自分の体がピリピリしているのが伝わる。
今年は4月の前半に雨が降り、ねぎの定植
が出来なかった。
しかし、全社員の頑張りで奇跡的に半分以上終了した。
夜中のトラクター、夜ライトをつけての定植、超早朝の定植段取り。
色んな努力があり今という〝奇跡〟がある。
だからいつも〝今〟に感謝してる。
今っていうのは当たり前かもしれない。
だけど、俺にとって今ってのは奇跡であり全ての努力を出し切った証拠。
大袈裟でもなんでもない。
本当に過去の全力の結果が今なんだ。
農家にとってこれからが本番。
乾燥した土に雨が降った。
雑草の種達は春を感じ、温度感じ、そして
後は雨だ!とわかってる。
そして、待ってましたとばかりに行くぞ!
と地上へ顔を出す。
俺たちはそれを絶対に見逃さない!!
管理体制を取り、陣を組みそれを迎えうつ。
俺のギアが一つあがる。
トップギアのピークは6・7月あたりだ。
その頃はご飯食べてても、シャワー浴びてても、移動時間も、寝てる時もずっと雑草対策だ。夢の中全部草。
ゾーンの集中力は極限まであがる。
葱農家の悩みってのは世界共通よ!!
俺たちだけが辛いんじゃない。
俺たちだけが苦しいじゃない。
だから、頑張れるんだよ。
知りもしない、見たことのないねぎ農家を勝手に想像しながら、色んなねぎ農家も熱い中頑張ってるんだろうな!って。
他の人達どうやってるんだろう。
他の人ならこういう場面どうやるんだろう。
他の作物と同時進行の人達はもっと大変だろうって。
一つの技術開発は世界共通なんだよね。
だから、色んな対策して伝えていく。
俺たちはねぎと共に雑草と共存しながら
戦っている。
生えてほしいが、生えてほしくないという
矛盾を感じながら。
勝ってもいい。
負けてもいい。
妥協してもいい。
だけど、逃げちゃダメなんだよ。
勝ってもいい。
負けてもいい。
妥協してもいい。
だけど、目を背けちゃダメなんだよ。
これが〝日常が命〟の俺にとってのポイント。
背けちゃダメなんだよ。
出来なくていいんだよ。
負けていいんだよ。
妥協していいんだよ。
でも、その葱と草と自分から視線そらしちゃダメなんだよ。
負けた自分。
出来ない自分。
妥協した自分。
あとは、その自分とミーティングすればいい。
負けたけどお前頑張ったよって。
出来なかったけど、あそこまで出来たってのはたいしたもんだ!よって。
妥協したけどそこから目を背けなかっただけで100点だよ!って。
自分で自分をまず誉めて、自分が自分の心が敵じゃないってまず知ってもらってさ。
そこからだよ。
否定や解決方法なんてまだ先だ。
今年は何がまっているのだろう。
まだ見ぬ未来が俺たちを待っているだろう。
どんなドラマが待っているんだろう。
どんな悲劇が待っているんだろう。
愉しみで仕方がない。
自然との共存の中での戦い。
もうたまらない。
24時間戦闘体制に入る!!!
さて行こうか!!!!
〝今という奇跡〟を見せますよ!!
初代葱師

更新日:2018年05月05日