Facebook

Twitter

Instagram

ねぎびとブログ

雑草魂

雪の下で雑草はしっかりと生きていた。
春はまだかとしっかりと耐えていた。
俺と同じだ。
今か今かと春を待っている。
ねぎを作りたくて作りたくてたまらない。
そして、葱師を育てたくてたまらない。
7年前からいろんな失敗をしてきたが
今年はこうするぞ!
今年はあれをやってみるぞ!ってのが
なくならない。
葱を30年作っても、たったの30回しか
作っていないんだ。
何年経っても新人。
俺はセンスも才能もないし頭もよくない。
だから、いい葱を作る自信がある。
才能がないし頭も悪いとわかっているからこそ絶対に手を抜かないし、なんとかなるなんて思っていない。
それがいい葱を作る秘訣かもしれない。
〝己の弱さ認めて人は初めて強くなれる〟
〝雑草魂の微学こそ美学〟
そして、その先があることもわかっている。
一心不乱にならなければ創り上げることが
出来ない作品があり、そこを超えると
一心不乱では創れない作品があることを。
そして、その先を考える。
その答えこそ自分で作りあげた作品を
壊す。
徹底して壊す。
そして、また一から創るのだ。
これの繰り返しの先に〝唯一無二〟が待っていて、その途中に〝己〟という最大の敵がいるのだ。
これぞモノヅクリ。
そこに正義も悪もない。
全ては役割。
これぞモノヅクリ。
葱が作りたい。
葱が作りたい。
葱が作りたい!!!!!!!!!!!!
全てが芽吹く春よ今どこにいる!!!
初代葱師

更新日:2018年02月23日